経営理念

9209c6f4.jpg
9209c6f4.jpg
9209c6f4.jpg

確実な差別化


          私たちが考える製品、包装、私たちが業務を遂行する方式やマーケティング方式など

          全ての分野で競合他社と確実な差別化がされ、

          お客様の目に「月架世交易は他とは何かが違う」という見方が生まれるように致します。

          確実な差別化を生むためには持続的な革新追及(Innovation)はもちろん、

          常に一歩先を行くお客様の新しいニーズへの対応(Speed)、

          さらに高い目標(Stretch)に向かって取り組んでいきます。

競争的優位の確保


         どれだけ他社との差別化に成功したとしても、

         弊社の製品やマーケティングプログラムがライバルより優越でなければ、

         弊社の製品に対して興味を持ってもらうことは極めて難しいです。

         私たちは消費者の皆様が不満を感じる要素を確実に改善していくことと、

         お客様がまだ体感していない新たな感動を感じてもらえるよう精進し、

         弊社がマーケティングする全ての商品にUSPを定着させていきます。

お客様との特別な関係の形成


          マーケティングは「認識の科学」だという言葉があります。

          実態がどうであろうと、良い認識を得たブランドは必ず成功するのです。

          私たちはこれから確実な差別化と競争的優位を根本におき、

          中身をしっかりと固めた上で、外的にも好認識を得られるよう

          お客様との特別なつながりをつくっていけるようにしていきます。

          お客様に対する一貫して持続的で細かな配慮を弊社の行動指針として

          強力なブランドロイヤリティーを積んでいく所存です。

株式会社 月架世交易 (正方形).png
image (38).png

​経営理念

社名の由来

弊社の社長である文(ムン)を月であるmoonとかけて、

(moon)が界のけ橋となる貿易会社を作っていくという想いから

交易という名前になりました。

 

初めての方からは必ず聞き返されるこの会社名ですが、

難しい分印象に残るという理由も含め月架世交易という名前に誇りを持っています。

ロゴマークの意味

青い丸地球黄色い丸を表現し、

赤いKは世界の架け橋になっていくという想いを込めた架の頭文字です。

K部分の角度も45度・90度と決められており、平等に事業を行っていくという意味が込められています。

 

青い丸(地球)は日本の小銭である500円玉のサイズ黄色い丸()は1円玉サイズで描かれています。

MOON(社長)が会社を500倍成長させるという意味込められています。

 

③ 8という数字は韓国では「何があっても絶対に倒れない」という意味です。

そのため文字の大きさが8mm、ロゴ全体の大きさは8cmとなっています。

お取引先・お客様といつまでもいい関係を築いていきたいという意味が込められています。

日本と世界の代表的な架け橋となり、

皆があっと驚く画期的な商品を日本へ。

 四方(お客様・取引先・弊社・社員)良しをモットーに。

チームワーク、報連相、そして何よりも〝人〟を大切に。

現状で満足せずに常に向上心・学ぶ姿勢を忘れない。

1.

2.

3.

4.